• Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

「きかんしゃトーマス」は教育に良い? 研究プロジェクト発足

image

きかんしゃトーマス (C)2018 Gullane (Thomas) Limited.

2018年6月15日、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川 仁、以下SCP)と、特定非営利活動法人 東京学芸大こども未来研究所(所在地:東京都小金井市、理事長:鉄矢 悦朗 ※)は、SCPがマスターライセンスを保有する「きかんしゃトーマス」を中心とした、キャラクターのもたらす教育的効果を調査・研究する共同研究プロジェクトを発足する。
※「鉄」は正しくは金へんに矢

研究の推進は、国立大学法人 東京学芸大学芸術・スポーツ科学系准教授の正木 賢一氏、人文社会科学系准教授の南浦 涼介氏、芸術・スポーツ科学系講師の森尻 有貴氏ほか、東京学芸大こども未来研究所に所属する研究員2名が担当する。
研究を行うにあたっては、キャラクターが含有する領域を多角的な視野で検討していくことが求められるとし、キャラクターのもたらす教育的効果を、学術的な視点に基づき検証していくという。

今回の共同研究では、

1.ストーリーの追体験が子どもの非認知能力を育む。
2.「共通の遊び体験」を通して、キャラクターが子どもを「学び」へと導くファシリテーターとなる。
3.キャラクターの介在が子どもの豊かな心の成長を促す。

という3つの仮説を、「きかんしゃトーマス」を中心に、質的および量的調査の双方からアプローチし、検証していく予定。
原作出版から70年以上の歴史を持つクラシックキャラクターである「きかんしゃトーマス」は、様々な大きさ・色・かたち・種類の機関車の交流と、遊びやケンカなどの日常を描くことを通じて、友情とチームワークの大切さを伝えてきた。そのトーマスの教育的効果を学術的に解き明かすことが、今回のプロジェクトの最大の目的だとされている。

●特定非営利活動法人 東京学芸大こども未来研究所

日本における教員養成の基幹大学である東京学芸大学が持つ「知」を、社会に発信していくことを目的として設立。子どもを取り巻く「ひと(人材育成)」「モノ・コト(開発・調査)」、「コミュニケーション(伝達支援)」を軸に事業を展開。東京学芸大学内に実践研究の場として「こどモードハウス」をつくり、遊び、玩具、地域教育に関する研究開発、調査を行っている。

●株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ

株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツは、キャラクターを中心とした国内外の著作物・商標などの知的財産を開発・使用し、さまざまなマーチャンダイジングやサービス分野へのトータルマーケティングを行うプロパティビジネスを展開。マーチャンダイジングの分野では、ビデオ・書籍・衣料・玩具・雑貨など、サービス分野では、放上映・イベント・アミューズメント・情報通信・セールスプロモーション・流通などでのプロパティ総合的展開をはかっている。

公式サイト: http://www.scp.co.jp/

●「きかんしゃトーマス」について

「きかんしゃトーマス」は2015年に原作出版70周年を迎えた、特に未就学児に大人気のクラシックキャラクター。イギリスの牧師、ウィルバート・オードリーが描いた「汽車のえほん」シリーズがベストセラーとなり、そこに登場する「きかんしゃトーマス」も人気キャラクターになった。その後、イギリスの映像プロデューサー、ブリット・オールクロフトにより1984年に映像化され、現在世界で40の言語・180以上のエリアで放送されている。日本でも、絵本出版から40年以上、テレビ放送から25年以上の歴史があり、現在はNHK Eテレで毎週日曜に放送されている。

「きかんしゃトーマス」公式サイト: http://www.thomasandfriends.jp/