• Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツが、東京・南町田 新スヌーピーミュージアムのロゴマークとイメージパースを発表!

株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川 仁)は、2019年秋に南町田グランベリーパークに移転し、六本木の約2倍の規模に拡大されて再オープンするスヌーピーミュージアムの新しいロゴマークとイメージパースを発表した。


image


新しいロゴマークは六本木と同じく、祖父江慎氏が率いるコズフィッシュが担当。ミニマルで都会的だった六本木のロゴに対し、公園やピクニックの楽しさをイメージしたデザインで、3つの頭文字「SMT」を強調しているのが特徴となっている。大きな公園に隣接するミュージアムの壁面には、新しいロゴマークがあしらわれる予定で、今回この建物の模型を、2019年4月13日から大阪で開催される「スヌーピーミュージアム展」で初公開するという。

スヌーピーミュージアムでは、これまでと同じくシュルツ美術館(米カリフォルニア州)の公式サテライトとして、ピーナッツやスヌーピーの魅力を貴重な原画や資料で紹介。六本木の約2倍の規模となる館内には充実した常設展示室や専用のワークショップルームを設け、この場所でしか手に入れることのできないオリジナルグッズを販売すると同時に、隣接するアネックスにはカフェも併設している。更に館外では、緑あふれる環境を活かした多彩なアクティビティを提供するなど、ミュージアムは新しいイメージのもとで大きく生まれかわる。

image


● 新スヌーピーミュージアムの5つの魅力
(1) 充実した常設展示と日本初公開の原画を含む企画展示
(2) 自分だけのスヌーピーがつくれるワークショップ
(3) オリジナルグッズを揃えたミュージアムショップ
(4) 隣接するアネックスに設けられたピーナッツカフェ
(5) 緑あふれる環境を活かした多彩なアクティビティ

● 延床面積: 約2,600m2+カフェ約200m2(アネックス)
● 企画協力: チャールズ M. シュルツ美術館(アメリカ、カリフォルニア州)
● 開館予定: 2019年秋~冬

■ファン必見!過去5回の企画展を凝縮した「スヌーピーミュージアム展」を大阪と名古屋で開催!
2019年秋~冬(予定)にスヌーピーミュージアムが再オープンするのを記念して、六本木のスヌーピーミュージアムで開催した5回の企画展を凝縮した展覧会が、大阪と名古屋で開催される。同展では、原画やスケッチ、ヴィンテージグッズなど約200点を選りすぐり、人気の高かったオリジナルグッズも復刻販売。六本木で開催された5回の展覧会を見逃したファンたちにも、スヌーピーミュージアムの魅力をそのままお届けするという。

2019年4月13日(土)~6月16日(日)
グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル イベントラボ

2019年6月22日(土)~9月1日(日)
名古屋市博物館

スヌーピーミュージアム公式サイト: www.snoopymuseum.tokyo

■チャールズ M. シュルツ美術館とは
正式名称はチャールズ M. シュルツ美術館&リサーチセンター(Charles M. Schulz Museum & Research Center)。世界最大の「ピーナッツ」原画コレクションを誇る。2002年に開館して以来、コミック・アートへの理解を深める企画展示や教育プログラムを実施してきたが、シュルツ氏の生涯や多彩な作品、世界中の読者に向けられた物語も紹介している。
公式サイト http://schulzmuseum.org

■「ピーナッツ」とは
チャールズ M. シュルツ氏が初めて「ピーナッツ」の仲間たちを世の中に紹介したのは、1950年。7つの新聞紙上で、同時にデビューを飾った。それ以来、チャーリー・ブラウン、スヌーピーをはじめとするピーナッツ・ギャングたちは、ポップカルチャーに不滅の足跡を残してきている。「ピーナッツ」のアニメ特番や帯番組は、米国ではABCのほか、アニメ専門チャンネルのCartoon Networkやboomerang、カナダではFamily Channel、そして世界規模ではYouTubeのWildBrainのネットワークなど、主要ネットワークやストリーミングサービスで放送されている。また、世界中のファンに向けては、多種多様の商品、アミューズメントパークのアトラクション、文化イベント、ソーシャルメディア、そして伝統的な紙媒体からデジタルまで、各種媒体で掲載されている連載コミックなどを通して「ピーナッツ」は不変の人気を誇っている。さらに2018年、「ピーナッツ」は、NASAとスペース・アクト・アグリーメントで複数年の提携を実現。次世代の子供たちに向けて宇宙探査とSTEMへの情熱を啓発するプログラムでも活躍するという。
ちなみに、「ピーナッツ」のキャラクターおよび関連する知的財産権は、DHX Media(トロント証券取引所:DHX;ナスダック:DHXM)が41%、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが39%、チャールズ M. シュルツ氏のファミリーが20%を保有している。ソニー・クリエイティブプロダクツは、日本における「ピーナッツ」の独占エージェント権を 2009年10月に取得、Peanuts Worldwide LLC のエージェントとして2010年より本格的にライセンスビジネスを展開している。また、本ミュージアムはチャールズ M. シュルツ美術館との共同事業として、ソニー・クリエイティブプロダクツが運営する。