• Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ピーターラビット(TM)と「LINE プレイ」がコラボレーション 
ピーターラビット(TM)の世界観が広がる癒しの公式ルームを公開
 「うさ耳」や「うさぎアイメイク」など限定アイテムも登場

株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川 仁)は日本におけるマスターエージェントとしてライセンスを管理する「The World of Beatrix Potter(TM)/ Peter Rabbit(TM)」において、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)とライセンス契約を締結。LINE株式会社が運営するアバターコミュニケーションアプリ「LINE プレイ」 http://lp.play.line.me/ (iOS・Android対応/無料)において、ピーターラビット(TM)とのコラボレーションを2020年5月15日から開始した。


image

ピーターラビット(TM)と「LINE プレイ」のコラボレーション



本コラボレーションでは、レアなアイテム「ラディッシュ」などが手に入る期間限定ガチャのほか、もふもふで可愛い「うさ耳」のギフトアイテム販売、愛くるしい「うさぎのアイメイク」のアイテムがもらえる秘密のクローゼットイベント、ピーターラビット(TM)の可愛い世界観が広がる公式ルームで、素敵な報酬アイテムが手に入るイベントなどを開催する。

コラボレーション概要
【期間】2020年5月15日(金) ~ 6月15日(月) 11:00まで

■スペシャルガチャで「ラディッシュ」をゲットしよう!
本コラボレーションでは「ラディッシュ」や「うさぎエフェクト」などのレアアイテムがスペシャルガチャに登場。また、イベント期間中にガチャを10回利用すると、キュートでレアな「ピーターラビット(TM)ヘルメット」をプレゼント。
【期間】2020年5月15日(金)~6月15日(月)11:00まで

■秘密のクローゼットイベント!
隠れている秘密のクローゼットのアイテムを見つけてすべて身に着けると、紫色のアイメイクでかわいらしさをプラスできる「うさぎのアイメイク」がもらえる。
【期間】2020年5月22日(金)~5月24日(日)10:59まで

■新しくオープンした「ピーターラビット(TM)」公式ルームに遊びに行こう!
「ピーターラビット(TM)」公式ルームが登場。素敵なインテリアに囲まれたお部屋で、可愛いピーターラビット(TM)がお出迎え。
また、第一弾では公式アバターを友達追加すると「ピーターラビット(TM)インテリアフィギュア」をプレゼント。さらに、第二弾ではスペシャルガチャで手に入るラディッシュを着用して公式ルームに訪問すると「限定ラディッシュバッジ」をプレゼント。


image

「ピーターラビット(TM)」公式ルームイメージ



第一弾:公式アバター友達追加イベント
【期間】2020年5月15日(金)~6月15日(月)11:00まで

第二弾:公式ルーム訪問イベント
【期間】2020年5月25日(月)~6月15日(月)11:00まで

イベント詳細は「LINE プレイ」公式ブログを確認。
「LINE プレイ」公式ブログ: http://blog.lineplay.jp/

LINEでは、今後も「CLOSING THE DISTANCE」をミッションとして、「LINE プレイ」をはじめ、様々な連携サービス・コンテンツを拡充することで、ユーザー同士のコミュニケーション活性化を図っていく。

<「LINE プレイ」概要>
対応端末   : iPhone/Android
対応言語   : 日本語、英語、タイ語、韓国語、繁体字
サービス地域 : 全世界(中国を除く)
サービス開始日: 2012年11月21日
価格     : 無料(アイテム課金)
著作権表記  : (C) LINE Corporation


image

LINE プレイ



▼App Store / Google Play
https://app.adjust.com/7s922iz?campaign=ACQ

※Android、Google Playは、Google LLCの商標または登録商標。
※iPhone、iTunesおよびApp Storeは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標。
※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがある。 

■ビアトリクス・ポター(TM)/ピーターラビット(TM)について
ビアトリクス・ポターは1866年7月、ロンドンで生まれた。『ピーターラビットのおはなし』は、1893年に知人の病気の息子、ノエル少年に送った「絵手紙」から誕生した物語。1901年、自身で『ピーターラビットのおはなし』の私家版を出版。1902年には絵に色を付けてフレデリック・ウォーン社から出版され、最終的には24冊の絵本を世に送り出す。ロンドンから自然豊かな湖水地方に拠点を移し、晩年は牧羊と自然保護活動に力を注いだ。彼女が実際に暮らし、絵本にも描かれたヒルトップ農場は、ナショナル・トラストにより今も当時のままの姿で保存されており、世界中からピーターラビットを愛する多くのファンが訪れている。 この絵本シリーズは世界110ヶ国35ヶ国語にて発行され、累計発行部数2億5000万部以上の世界的ベストセラーとなっている。