【サクセスに学ぶ】 目指すは毎日新聞の正式キャラクター「なるほドリ」

サクセスに学ぶ

キャラクターを活用して自社のイメージアップや親近感の育成に成功されている会社にインタビュー。その成功の秘訣をお聞きするシリーズです。第1回目は毎日新聞の「なるほドリ」。誕生までのご苦心、そして、導入から現在にいたる経緯、周囲の評判などをお聞きしました。お話しいただいたのは、毎日新聞社・社長室委員(広報担当)/小出禎樹氏と、社長室・次長/山科武司氏です。

「なるほドリ」プロフィール

年齢:永遠に中学2年生。

出身地:東京湾のずっと先に浮かぶ小島の森で生まれ、好奇心のおもむくまま島を飛び出した。

家族構成:両親、兄、姉、そしてなるほドリーマン君の5人家族。なるほドリーマン君は末っ子。

親戚:毎日小学生新聞の「なるほどヒヨコ」と経済面の「なるほドリーマン君」

なりたいことは?:将来になりたいことは「ジャーナリストリ」

幸せな瞬間は?:新聞を読んで「なるほドー」と納得できたとき。

性格は?:好奇心いっぱい!そして、人間の子供たちが大好き。

好物?:大の紅茶党、特種(ダネ)が好き!あとドーナッツ。

日課は?:毎日新聞を読むこと!!

好きな教科は?:体育と音楽、そして社会。

尊敬するトリは?:伝書鳩。

好きな遊びは?:野球、ラグビー、短距離走など。運動神経には自信がある。

好きな色は?:黄色。

好きな動物は?:伝書鳩。犬や猫と遊ぶのも好き。

悩んでいることは?:早く大きくないたいので、苦手な野菜も残さず食べること!

好きな本は?:サン=テグジュペリ「星の王子様」。

座右の銘は?:「なせばなる!なるほドー!」

出没場所?:自由に毎日新聞社内を飛び回っているので、見学に来ると会えるかも知れません。

また、全国各地で開かれている毎日新聞の催しなどで会えることもあります。

毎日新聞での登場は?: 2008年4月1日

身長と体重、飛ぶ速さは?:「ほドほド」な大きさ、速さです。

2008年の紙面改革で「なるほドリ」誕生!

山科氏 2008年4月、毎日新聞の紙面改革で、「なるほドリ」のキャラクターが誕生しました。紙面改革とは、毎年4月、10月に紙面のレイアウトを少し変えるたり、連載コーナーを新たにすること。どの新聞社でも行われていることです。

毎日新聞が、紙面をつくる際の基本姿勢は「中学校2年生がわかる記事を書く」ということです。そうした中、日々掲載される記事を「分かりやすく解説するコーナーがほしい」という話が出ました。

でも、分かりやすく書くだけではつまらない。少し親しみやすくしないといけないということで、紙面の改革担当者から出た、キャラクターが質問する形にする案が採用となり、「なるほドリ」が誕生しました。

名前については、「考えるぞー」「教えて!」など、色々なアイデアが出ましたが、最後には「なるほどー!」からきた「なるほドリ」となりました。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

Translate »