今年で100周年を迎えたイトーヨーカドー・公式キャラクター「ハトソンくん」に学ぶ

サクセスに学ぶ

イトーヨーカドーは今年(2020年)で100周年。8のつく日はハッピーデーのCMでのおなじみのイトーヨーカドーのマスコットキャラクター、ハトソンくんについて、ハトソンくんを支えるサポーター・販売促進部のマネージャー篠塚氏にお話しを伺いました。

©️イトーヨーカドー                                  ハトソンくんとサポーター篠塚氏

2020年に100周年を迎えたイトーヨーカドー。その歴史は1920年(大正9年)、浅草で、現・セブン&アイHLDGS.名誉会長、伊藤雅俊氏の叔父、吉川敏雄氏が洋品店「羊華堂」(開業当初の店名は「めうがや」)を開業したことから始まります。1958年(昭和33年)には、株式会社ヨーカ堂を設立。この時、鳩のロゴマークも生まれます。1961年に初のチェーン店を誕生させ、1965年には株式会社伊藤ヨーカ堂へ改名。ロゴマークもマイナーチェンジしました。1972年に新マークを導入。ここで、現在のロゴマークとなります。1997年には、中国成都市に出店。2005年(平成17年)には初のモール型ショッピングセンター「Ario(アリオ)蘇我」がオープン。2014年には「グランツリー武蔵小杉」、2017年には「プライムツリー赤池」をオープンと躍進を続けています。

©️イトーヨーカドー

続きを読む
1 / 8

ピックアップ記事

関連記事一覧

Translate »