ニュースをわかりやすく解説。毎日新聞のキャラクター”なるほドリ”に学ぶ

サクセスに学ぶ

ニュースをわかりやすく解説する、毎日新聞の”なるほドリ”について、毎日新聞社 経営企画室の窪田氏にお話を伺いました。

芥川龍之介や新渡戸稲造など歴史的著名人も在籍し、日本新聞界のグランプリである新聞協会賞(編集部門)を最多の32件受賞している、歴史ある新聞社の毎日新聞社。そんな新聞社で誕生した親しみ感のあるキャラクター”なるほドリ”の誕生秘話などを探っていきます。

 

【なるほどり誕生背景】

ーなるほドリ誕生のきっかけー

2007年に、新聞の文字を見やすくしようということで当時、業界最大の活字となる「J(ジャンボ)字」を採用し、それを機にニュースの解説コーナーが誕生。それを、読者と同じ目線で愛嬌のあるキャラクターにナビゲートさせようと言うことでキャラクタープロジェクトがスタートしました。キャラクター名は「考えるぞー(象)」「質問地蔵」などさまざまな名前が浮かびましたが、結局は「なるほどー!」と、読んだ人が納得できる記事にしょうという狙いから、”なるほドリ”に命名。2008年の4月になるほドリのタイトルコーナーが出来き、”なるほドリ”が誕生しました。そんな”なるほドリ”ですが実は、プロフィールがまとまったのは誕生から5年後の2013年でした。正式なプロフィールを作るきっかけとなったのは、”なるほドリ”のぬいぐるみが登場した北海道でのイベントで、”なるほドリ”自身のへの質問が沢山届いたことでした。

当時、毎日新聞社では、キャラクターを作るというのは初の試みでした。このプロジェクトに参加してデザインを担当したのが、地図や図表などを作るデザイン室の方。地図や図表なんて堅いイメージですが、そんなデザイン室から、可愛らしいキャラクターが生まれたのです。”なるほドリ”が、黄色のヒヨコなのにも実は理由があるんです。黄色は紙面で目立つ色なので、キャラクターには黄色を採用。名前と色から、ヒヨコになったそうです。この辺の色をキャラクターに落とし込む発想は、デザイン室の方だからこそかもしれませんね。そして”なるほドリ”が紅茶を好きな理由は、実はその作者の好きなものなんだとか。

”なるほドリ”の尊敬する鳥は伝書鳩。現在のようにインターネットや電話が普及していない頃、新聞記者たちは伝書鳩で原稿や写真フィルムを足輪につけて本社まで飛ばしていました。1965年の東京オリンピックの翌年まで伝書鳩が活躍しており、鳩の飼育部署(鳩係)もあったのだとか。伝書鳩が心のヒーローというプロフィールは、日本の新聞の歴史を踏襲しています。

 

続きを読む
1 / 5

ピックアップ記事

関連記事一覧

Translate »