【ムッシュ・コイケヤと巡るさけ子の旅】SLが走る路線・大井川鐵道にて旅情に浸る

エッセイ-さけ子のプチ一人旅

「湖池屋ポテトチップス のり塩」のマスコットキャラクター“ムッシュ・コイケヤ”と旅するイラストレーター・さけハラス先生のキャラクター“明美さけ子”とのコラボ・エッセイ。今回は、静岡県の大井川鐵道を訪れます。

 

静岡県島田市、大井川本線・新金谷駅のホーム。煙突から白い煙、車体脇からは蒸気を吹き上げながら、漆黒の車体が客車を引いて近づいてくる。

初めて間近で見る蒸気機関車(SL)は、車体自らが動くためのエネルギーを作り出しているという躍動感があって、写真で見るよりもずっと武骨で、力強い。

家山駅と抜里駅の区間 画像提供:大井川鐵道

大井川鐵道では、SLだけでなく、全国各地の私鉄で活躍し、引退した電車を引き取り、再整備して運行している。今では見かけないユニークなデザインや所々に見られる錆が、車両が重ねた年月を感じさせる。

 

「長い歴史の中で愛され続けている電車で、きれいな風景を見に行く」

これが今回の旅のコンセプトだ。

 

発車時刻が近づいたので、客車に乗り込む。少しだけ狭い出入り口をくぐり抜けて、通路へと進むと、そこには外観以上にレトロな風景が広がっていた。

座席や壁際は木を基調にしていて、クッション部分の色褪せ方や木目の深いブラウンが年季を感じさせる。上の荷物入れは紐を結んだ網棚になっていて、天井では照明の間で扇風機が回っていた。

車両がゆっくりと動き出し、住宅街の間を抜けていく。車両が引っ張られるような感覚と、普段乗る電車とは少し違う音のリズム、少し開けた窓からする煙の香りが、旅情を感じさせる。

 

──わたくしも風景を見たいのであーる!

 

そうそう、ムッシュ・コイケヤにも見せてあげなくちゃ。今日の主役は、君だからね。

バッグをサイドテーブルの上に置いて、車窓から見える風景をムッシュと楽しむ。少しずつ家屋が減っていき、SLは少しずつ深い緑の世界へと進んでいく。

 

バッグを座席に戻して、おやつを取り出す。おやつはもちろん「湖池屋ポテトチップス のり塩」

8月23日、今日は「湖池屋ポテトチップス のり塩」とムッシュが誕生した日。だからこそ、細やかだけど、今日という日をムッシュと二人でお祝いしようと思っていた。

 

「湖池屋ポテトチップス のり塩」は60年目。ムッシュは……、君はヒミツだったね。

60年間という長い歴史は、私には想像もつかない長い年月だ。だけど、私を含めて今もたくさんの人から愛され続けている。

 

普段のおやつだけでなくて、友だちとの楽しい思い出や勉強に疲れた時の息抜き。これまで色んなときにのり塩を食べてきた。生活の中の一コマの中にはポテトチップスがあって、私が選んでいたのは、やっぱりのり塩だった。

 

ムッシュはそんな超ロングセラー商品の看板キャラクターとして、毎日頑張っているね。色々なキャンペーンで登場したり、Twitterではフォロワーさんからのコメントにほぼ全てリプライしている。

 

そんな一生懸命なムッシュのことが大好きなフォロワーさんは、私だけじゃない。そして、ムッシュの言葉に元気づけられている人も、きっとたくさんいる。そんなムッシュのことを、これからも応援したいなって思うよ。

 

車両の揺れに合わせて左右に動くムッシュは、やっぱりとてもかわいくて、自分の誕生日をお祝いしてくれたことに喜んでくれている気がした。「メルシー!」って言ってくれてるのかな?

 

SLは汽笛をあげながら、山間の線路を進んでいく。もうしばらくすると、終点の千頭駅に着くだろう。昭和から平成、令和という時代を経て、多くの人に愛され続けているSLと「湖池屋ポテトチップス のり塩」とともに、もう少し旅情に浸りたいと思った。

千頭駅のさらに先、井川線「奥大井湖上駅」の風景。長島ダムを臨む 画像提供:大井川鐵道

 


大井川鐵道 沿線付近のおすすめの宿3選

大井川付近は温泉が豊富です。

SLが見える温泉「川根温泉」、美女づくりの湯「寸又峡温泉」、若返りの湯「接岨峡温泉」、自然に囲まれた露天風呂「白沢温泉」。これら4つの個性豊かな温泉が旅行者の疲れを癒してくれます。その豊富な源泉量は、川根本町では町民に限りですが、天然温泉を無料で給湯できるスタンドが設置されているほど。

大井川鐵道の駅からほど近い場所に位置しており、天然温泉も堪能できる宿泊施設をご紹介します。

 

[大井川鐵道川根温泉ホテル]

露天風呂からは、鉄橋をSLが横切る様を眺めることができ、「SL×温泉」という組み合わせを求める人にはうってつけのホテル。

内湯には川根温泉の源泉かけ流し。温まりやすく冷めにくいとろみがあり、ナトリウムの泉質はお肌の保湿効果が期待できます。

和室・洋室を選ぶことができ、和室には源泉かけ流しの檜風呂が用意されています。

最寄り駅:川根温泉笹間渡駅
住所:静岡県島田市川根町笹間渡195-1

詳細を見る

 

[川根温泉ふれあいコテージ]

全棟に天然温泉を引いている貸別荘タイプの宿泊コテージ。一部の棟には、源泉掛け流しの専用露天風呂が設置されています。

コテージ敷地内にバーベキューコーナー、ゴルフ場、ドッグラン、農業体験室があるので、宿泊以外にもいろんな体験ができます。
BBQ棟にパン屋が隣接してあり、焼きたてのパンで香ばしい香りとともに朝を迎えることができます。

最寄り駅:川根温泉笹間渡駅
住所:静岡県島田市川根町笹間渡220

詳細を見る

 

[たぶの家]


こちらの温泉宿のおすすめポイントは、秘境とも呼ばれる接岨峡温泉に入浴できること。透明でとろとろしており、泉質は全国でも数少ない硫黄分を含まない重炭酸ナトリウム。皮膚の老廃物を除去してくれる作用があるため「若返りの湯」とも呼ばれています。

また、山菜、川魚、鹿、猪をふんだんに使った囲炉裏料理が自慢で、接阻峡の自然の味を味わえます。

最寄り駅:接岨峡温泉駅
住所:静岡県榛原郡川根本町梅地269-1

詳細を見る


【静岡県 大井川鐵道周辺地図】

 

作画:さけハラス キャラクター情報を見る▷
著:(株)ピーアールハウス

【エッセイ情報はこちらのTwitterアカウントでも配信中】
・ムッシュ・コイケヤ:@MonsieurKoikeya
・さけハラス先生:@hunwaritoast
・明美さけ子:@akemi_sakeko

TOPに戻る

ピックアップ記事

関連記事一覧

Translate »